加速するVISION装置
東方カードゲームVISIONについて考察とか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VISION考察五回目《裏切りの少女》
裏切りの少女についての考察です。
使われると嫌なカードですが、使うと楽しいカードです(〃'▽'〃)
今回は裏切りの少女について考察しようと思います。

12弾が発売されてから注目を集めたサニーミルク(`・ω・´)
そのサニーに対する回答として採用されているようです。



《裏切りの少女》

No.979 Command <第十一弾> NODE(2)/COST(1)

抵抗(5)

〔相手プレイヤー〕はあなたの場のキャラクター1 枚を選んで決死状態にする。その後、〔あなた〕は相手プレイヤーの場の必要ノードが1~3のキャラクター1枚を選んであなたの場に移す。

「足手まといがいなくなってやっと、本気を出せるよ」

Illustration:カズ



自分のキャラクターを犠牲に相手の低ノードキャラクターを奪います。


まず、このカードの使い道は相手のマナチャージ等を奪って相手のテンポ、及びモチベを下げることにあります。


このカードの特徴的として
相手は好きなキャラクターを選べるのに、自分は低ノードキャラクターしか選べない……
一見部が悪いですね…… (´・ω・`)

そうです。このカードはうまく使わないと損をするカードなのです。

自分の場のキャラクターが相手の低ノード帯のキャラクターになります。
つまり、このカードの使用するタイミングは序盤!
序盤以外は扱いずらいです。

自分の上級キャラクターを破棄して、相手の低ノードキャラクターを貰っても残念ですよね?

だからこのカードは序盤しか輝けないものと割りきったほうが良さそうです。

また、自分のキャラクターを破棄する際、相手が選択することができるため、相手に選択肢を与えないようにするようなプレイングも必要です。(自分の場のキャラクターが1体の時に使用する等)


主な狙いは
・サニーミルク(12弾)
・秋 穣子(11弾)
この二人。
相手にノード管理をさせずに、自分だけノード管理しよう(`・ω・´)!

サニーミルクなんかはコストが重いので、奪ったときの相手の絶望半端ないです
だからみんな12弾サニー運用しずらいんだと思います
他にも相手の初動に暗躍するカードを潰すのもありです(`・ω・´)

相手の起動効果に干渉してプレイすることで、その恩恵を自分が受けることもできます。


アドバンテージを数値化してみると
このカードと自分キャラクターを消費して-2
相手のキャラクターを奪って相手は-1、自分は+1
つまり

自分:-1
相手:-1

となり、1:1交換となります。

cip効果(プレイ時の誘発効果)を持っているとアドバンテージに繋がります。
つまり、場に出して効果使って相手のカードと入れかえる……という流れ

奇襲持ちのキャラクターをこのカードに干渉してプレイするのもありです。
特に12弾の朱鷺色の妖怪は先出しして、相手に強引な取引をノードに伏せさせてからの裏切りの少女プレイ
などといった運用もできてトリッキーです

相性のいいカードの例として
・上海人形等の人形
・稗田阿求(12弾)
・朱鷺色の妖怪(12弾)

等です。
やはりcip効果を持っていたり、ノード、コストが低いキャラクターは使いやすいです。
静葉(5弾)のように、場に残ることでデメリットを持つキャラクターを処理するのも面白いかもですね(ノ)・ω・(ヾ)


このカードの強みとして、抵抗(5)があります。
序盤の運用が基本にも関わらず、この抵抗の高さはチート級です

しかし、このカードの効果解決時、自分のキャラクターがいない場合、このカードは効果解決に失敗します。
つまり、このカードに干渉してジェラシーをプレイされたらうわあああってなります。


採用する際のライバルとして疑惑の五芒星、緑眼のジェラシー等が存在します

疑惑の五芒星は裏切りの少女と同じく序盤以外の運用は難しいが、自分のキャラクターが存在しているとプレイしずらいというデメリットを持っています

緑眼のジェラシーは序盤以外の運用ができるうえ、上級キャラクターにも刺さる。
また、裏切りの少女と同じく高い抵抗を持つのも強みです。
ただし、グレイズが0でもない限り手札を捨てる必要があります。

上記の2枚と比較して、このカードを採用する理由はやはり抵抗とキャラクターが自分のものになることでしょう。
しかし、自分の場にキャラクターが存在しなければならないというデメリットがあるので一長一短ですね
デッキと枠と相談が必要そうです……


次にフレーバーテキストです。
喋っているのはイラストに写っているマイです。
このキャラクターはVISIONにおいてはユキと対をなすカードのくせに、ユキが冥界に在るときに強くなります。
足手まとい、つまりユキが冥界にいってからマイが本気を出せると言っているのです
ひどいっ!


イラストを担当したのはカズさん
他にも多くのイラストを担当していて、とても綺麗な絵なので大好きです(〃'▽'〃)
個人的に特に好きなのが死槍です(>ω<)


結論としては
・相手のチャージャー狩りに使う
・自分も下級キャラクターを採用
・ジェラシーぐらいしか止める方法がない
・五芒星やジェラシーと要検討
・ドS向け
・終盤引いて事故る覚悟が必要
・イラストアド高い


なんかいつもより日本語がおかしい気がする……
わかりづらくてごめんなさい。


駄文失礼しました。
裏切りの少女を使うのが楽しくて仕方ない
と感じるゆーいなのでした( '▽' )ゞ

それでは今回はこの辺りで
(`・ω・´)ノシ




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
お互い裏切り合戦になると酷いよね!!(
あとマナチャージ干渉に使って恩恵云々とあるけど、マナチャは自ターン効果なのでキャラ移ったらターンプレイヤーでなくなるので恩恵はないよ
2012/11/28(水) 18:08:13 | URL | by (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!
裏切りが裏切りの対策として定着してしまうと先撃ち不利のクソゲーになりかねませんね


あ、なるほどです!
マナチャージは自分ターン限定なので干渉で恩恵を受けれないのですね!
勉強になりますφ(..)メモメモ

直しておきます!
2012/11/28(水) 18:22:29 | URL | byゆーい (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。