加速するVISION装置
東方カードゲームVISIONについて考察とか
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VISION考察四回目《紅葉狩り》
紅葉狩りについての考察です。
暇があったら覗いてくださいな……
今回は三弾に収録されて未だに多くのプレイヤーに愛されている紅葉狩りについての考察です。


《紅葉狩り》

No.221 Command <第三弾> NODE(1)/COST(1)

目標の〔あなたのノード2枚まで〕を手札に戻し、手札から同数のカードを選んでスリープ状態でノードに加える。その後、〔あなた〕は1ドローする。

「ほら、いっぱい取れたぜ!」 「きのこ狩りに来たんだったかしら・・・」

Illustration:高槻ツカサ


ノードを操作しつつ、ハンドの質を上げる良カード

必要ノードの低さもあって色々と便利です
マナの生成と組み合わせると序盤のノード加速も進みます
加速するよ<(`・ω・´)/

少し変わった運用としてはフォーリンブラストを相手に使われたときに、干渉で目標のノードを変えてしまうとか……

考えればいくらでも思いつきそうですねっ!


このカードの一番の利点はハンドアドバンテージを失わないことです
ターン終了時に1ドローが入るので、このカードを使用したのに手札の枚数が使用前と変わらない……

手札を使わずに手札の質を上げる……
こんなに強いならみんな3積みしないの?

理由は色々あります

まずドローが遅い。
ターン終了時なので、ターン終了時までは手札の枚数的には損しています


次に序盤は自分がノードにセットしたカードしか回収できないこと。
手札の質を上げるといっても、ノードに依存しているため序盤は使いづらいことも多々ある

しかし、マナチャージやグレイズによって手にいれたノードを手札に加えればデッキのカードと交換したも同義ですねー


あと意外と解決力が低い。
どうしようもない!ってときにこのカード引いても交換する手札がない!
……なんてことも(´・ω・`)
最低でもこのカードとは別にもう一枚必要になります


あと1コストかかることです。
無償で手札の質を上げるほど壊れカードではないです。


そして最近使用率が落ちてきている一番の原因は(おそらく)12弾朱鷺子の登場。
戦術:奇襲を所持しているため、相手が朱鷺子を握ってることも知らずに、紅葉狩りをプレイしてしまうとハンド差がひらきます


あとはスペースの問題ですね。
このカードをデッキに入れるなら別のカード入れるっ!
って人は多いと思います


リリカソロライブにかかったエラッタによって、リリカエンジンと呼ばれる加速はできなくなったのも採用を妨げます。
(※ノードになったリリカソロライブを何度も使いまわして行う加速装置)


欠点を沢山あげた気がしますが、いいカードですよ!
序盤ノードにしたカードを終盤使ったりと便利便利♪
イラストの静葉もかわいい(〃'▽'〃)

結局どのようなデッキに採用するのが望ましいかというと、死霊の復活等の終盤欲しいカードが多く採用されているデッキにいれると扱いやすいです。
他には必要なパーツを集めるコンボデッキでもかなり使いやすいです。
序盤パーツをノードにして、終盤で欲しいパーツを揃えるように回収したり……


実はこの記事書いてるときはリリカソロライブがエラッタ前だったんですw(´;ω;`)
正直採用率はガタ落ちだと思いますが、せっかく書いたので一応公開しました


駄文失礼しました。
どうでもいいことですが、最近ボカロの曲ばかり
聞いて涙するゆーいなのでした( '▽' )ゞ

では今回はこの辺りで
(`・ω・´)ノシ




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/29(金) 15:55:02 | | by (#) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。